デカ目カラコンのケア用品

デカ目カラコンのケア用品といっても、普通のコンタクトレンズのケア用品と変わりはありません。


どんな醜類のケア用品があるかというと、

装着前 装着液
保存関係 洗浄液・すすぎ液・消毒液・保存液、タンパク質除去剤、レンズケース
装着後 洗眼剤・目薬

に分けられます。


装着液というのは、カラコンをつけるときに、内側に1~3滴落として、装着時の異物感や刺激を防ぎ、装着時にタンパク質や汚れが付着しにくくします。
特に装着時の違和感はなにもつけないときと比べて全然違います。


ワンデーでないカラコンは、コンタクトレンズを長持ちさせることはもちろん、目の健康のためにも毎日行うようにしましょう。

それはさておき、レンズケアは、レンズを洗浄~すすぎ~レンズケースに保存という段取りです。

基本は、カラコンをはずして手のひらに載せ、洗浄液を落として指先で優しくこすり洗いをし、コスリ洗いしたレンズの両面を洗浄液ですすいで、保存液を入れたレンズケースで保存するという流れです。

この一連の作業の洗浄・すすぎ・保存が一度にできるMPS(マルチパーパスソリューション)というタイプもありますが、できればコスリ洗いして保存する方が、汚れは落ちやすいと言われています。

で、それがめんどくさい人は、やっぱりワンデー、1日使い捨てをチョイスすべきですね。


装着後に眼がシバシバしたり、乾燥した感じの時に目薬をさす人もいますが、私はエイボンなどの洗眼剤を愛用しています。
目についている汚れが落ちたって感じで(実際落ちている)、眼がすっきりクリアになるのでおすすめですね。


また、毎日かかざずケアをしていても涙に含まれるタンパク質がカラコンにだんだん付着してレンズの曇ってきたり、装着感が悪くなったりしますので、最低週1回ぐらいはタンパク質除去剤でレンズのクリーニングをするようにします。
|

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

|